そんな訳で、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。m(_ _)m

さて、本厄になった訳ですが、これがもうスゴイなっって感じです。

まず大晦日から風邪っぽかったのが、実家の木造の寒さで悪化して、今は10日遅れのトナカイさんのように鼻が真っ赤になっとります。明日は寝正月で治すことに専念か?

そして、車。
2ヶ月前位からエアバックの告知ランプがつきっぱなしだった。それが元旦、エンジンをかけると、今度はバッテリーランプがついた。あれ?っと思ってボンネットをあけてもバッテリー液はあるし、エンジンのかかりもいい。

これはもう、電気系統が完全にイカレたのだと察知した。しかし今は正月2日。5日までディーラーは休みです
まあ、走りに支障はないから気にシナイ!と思ってました、今日までは。

今日、エンジンをかけると、エアバック、バッテリーに続き、ABSのランプが点灯。
おっと思いましたが、これもアメ車の醍醐味、気にシナイ気にシナイと走り始めてしばらくすると、
な、なんとっ!前触れもなくナビの画面が消え真っ暗に・・・。

さすがにビックリして、思わず画面を叩いてしまった。(笑)
そんなんでつくわけもないですが。
うわっと思いながらしばらく走ってるとまた前触れもなくパッと画面がつきました。
ほっとしてるとまたすぐ消えて・・・なにかの拍子にまたつく。
・・・俺はおちょくられてるのか?

とにかく電気系統が完全にダメなようです。

新年2日目。今年は閏年で366日あるから、あと364日。
先が長い本厄のスタートです。
[PR]
# by kakkyblue | 2012-01-02 23:30 | 日記
「あなたはどうしたいの?」

そんなもん、決まってるじゃないか!
わかてってそれを聞いてくるから、困ったもんだ。
1,2秒考えて、とりあえずこう答えてみた。

「そうだな、とりあえず、ぷよぷよでもやるか?」
「・・・なにそれ」
「会話を繋いでみた」
「繋がってないよ」
「おっしゃる通りで」
「で、kakkyはどうしたいの?」

彼女は少しからかうような視線で、身を乗り出してきた。
その瞬間、僕は彼女マグカップを掴んでいる両手を包み込むように握り
彼女を引き寄せ、唇に唇を重ねた。
彼女は、一瞬ビクッとして、目見開いたがその後目を閉じた。
そのまま暫くコタツ越しに僕らは身を乗り出したまま、ただ静かに口づけをしていた。
握り締めた彼女の手は冷たかった。

「こうしたかった」
どれくらいの間、口づけを交わしていただろう。
多分、2分くらいだったと思う。
静かに離れると僕は彼女を見ながら言った。
僕としては、目一杯頑張ったつもりだった。
でも、彼女の口からでた言葉はたった一言だった。

「ふーん。」
「ふーんってなんだよ」
僕は少し怒りながら言った。
「だって、キスしたかっただけなんでしょ?」
「違う!いや、違わないか。いや、でも・・・」
そんなあたふたとしている僕を横目に彼女は笑っていた。
頭に来た。でも僕はそんな彼女の笑顔がとても好きだった。
何者にも代えられない。もう失ってはいけないものだ。
僕は咳払いをして、改まった口調で言った。

「・・・帰したくないよ。このままずっと。」
「・・・・」
彼女は、無言だった。僕は言った。

「もう、どこにも行くなよ。ずっと一緒いたい。」

僕を真っ直ぐに見ている彼女の瞳から、新たに大粒の涙が静かにこぼれた。
僕は手を伸ばして、もう一度彼女の手を握リしめた。
彼女はしっかりと握り返してきた。

「だから、今日は帰ったほうがいい。」
「・・・うん」
「もう、僕は迷わない、悩まない。どこにも行かない。ここで、君を待っている。どんなに時間がかかっても君を待っている。だから、いろいろ区切りをつけておいで」
彼女は、握っている手に力を込めながら、声をださずに頷いた。

「まぁ、こんだけ回り道をしたんだ。今さら焦る必要もないしな」
「・・・・バカ」
彼女は泣きながら笑って僕を見た。
僕も笑ってコタツ越しに彼女をしっかり抱きしめた。
彼女の涙が僕の頬を濡らした。
今はその涙が枯れるまで泣けばいいと僕は思っていた。
全て出し切ってしまえばいい。僕はもう逃げない。
彼女の全てを受け止める。

そしてその涙が乾いた時、僕と彼女の新しい物語が始まる。

(妄想 了)
[PR]
# by kakkyblue | 2007-08-28 02:21 | 妄想
「別に、本心だし」
と言いながら、彼女の顔をみることは出来ず、三度お茶を沸かしに台所へとたった。

「もういいよ、お茶なら。」
「いや、俺が飲みたいんだ。付き合いなよ、もう一杯」

やかんを火にかけ、ついでに換気扇の下でタバコに火をつけた。
一口吸い、ゆっくりと吐き出す。さて、これからどうすればいいんだ?
もうすぐ3回目の年男を迎えるというのに、世の中わからないことだらけだ。

タバコ吸い終わるとほぼ同時にお湯が沸いた。僕は沸騰したお湯を落ち着くのを1分まち、その後、キッチリと3回に分けて注いだマグカップをもってコタツに戻った。

「はい、美味いから飲みなよ」
彼女にマグカップを渡しながら言った。
「ホントに美味しいね。ますますこだわっているな?」
「一人暮らしが長くなるといろいろなことが自然と身につく。しかも仕事以外はヒマだからいろいろなこだわりをもつ。ま、そうでもしないと一人の時間を持て余すからな」
「ふ~ん」

ふとテレビ脇の電波時計をみると時刻は2:30になろうとしていた。
僕は最初に聞くべきだった質問をした。

「ねぇ、子供はどうしたの?」
「うん、ああ、母に預けているから、大丈夫。もうすぐ1歳だし。」
「・・・そうか。にしてももうすぐ2時半だぞ。」
彼女の背中越しにある時計を指差しながら言った。彼女がどういう反応するか見たかったのだ。彼女は振り返り時計を確認していった。

「あ、ホントだ。」

それだけ言い、またコタツに向きマグカップを両手で持って美味しいそうにお茶を飲んだ。

「って、ホントだだけかい?どうするんだ、これから?」
「うーん、暫くゴタゴタすると思うから仕事は少なめにするわ」
「違ーう。今後の展望を聞いているんじゃない。今日、この後どうするのか?と聞いているの!」

思わず声が大きくなり身をコタツに乗り出した。
彼女はそんな僕を見てクスリと笑ったが、ふと顔が真面目になり、マグカップをコタツの上に置き、また真っ直ぐに僕を見て言った。

「あなたはどうしたいの?」
[PR]
# by kakkyblue | 2007-08-05 02:56 | 妄想
本心をぶっちゃけてそれで全てが丸く収まるのは、彼女が演じている月9だか火10だかのブラウン管の中の世界だけだ。
現実は1週間、間が空かないし、予告もない。ただ、気まずい沈黙があるだけだ。
互いに空になったカップを覗き込んで、時間だけがゆっくり流れていった。

『あの』
『ん?』
最初に沈黙を破ったのは彼女だった。

『・・・なんていうか、その、今の言葉はどう受け取ればいいのかな?』

『・・・そのまま受け取ってくれていいよ、迷惑じゃなければ』

僕は本当に自然に。別に格好つけでもなんでもなくそう思っていた。よく、女性は開き直れるから強いと言うが、なになに男だって開き直るときはとことん開き直るのだ。彼女がふっと笑った。そして僕を見て言った。

『あの時言って欲しかったな』
『全く。一生の不覚だな、俺の。ただ、今だから言えたんだろうな、きっと』
『え?』
『僕は本当にかけがえのない大事なモノを、つまんない、ちっぽけなプライドで一度失ってしまった。ホントに馬鹿だった。今思い出しても自分に腹がたつ。ただ、2度も同じことを繰り返すほど馬鹿じゃない。人は学習する生き物なんだ。村上春樹も言っている。僕がこの2年間で学んだことはたった一つ。』
『なに?』
『次にかけがえのない大事なモノを見つけたときには、掴んではなさいこと。わかったんだ、俺』
『なにが?』
『大事な人を幸せにするには、まず、自分が幸せにならなきゃダメだってこと。相手は関係ない。まず自分が幸せになって、そのあと、かえがえのない大事な人を幸せにすればいいんだって』

彼女はびっくりしたような目で僕をじっと見ていた。やがて大きなため息をつきながら言った。
『ねぇ?』
ん?『』
『言ってて、恥ずかしくない?』

言われるまでもない。めちゃくちゃ恥ずかしかった。
[PR]
# by kakkyblue | 2007-07-30 03:15 | 妄想
『・・・あなたにとっても、マイナスだった?』

低い小さな声だった。そのあまりの頼りない声に彼女を見た。
彼女の瞳は夕立のカミナリを恐れる子犬のようで、ブラウン管の向こうで見慣れている輝いた瞳からはとても想像が出来ない瞳だった。

落ち着けと僕は思った。
ここは大事だぞ。ここで間違える訳にはいかない。
変な見栄や、自分自身のエゴ、願望をキレイゴトで塗りこめて言ってはあの時の二の舞だ。
時間は戻らない。ただ、同じ間違いを2回してはいけない。それぐらいはわかる年になっている。
あの時、伝えられなかったことを今、伝えるんだ。
僕はひとつ心で深呼吸して、彼女をまっすぐに見て言った。

『愛おしかった』
『・・・え?な、何を言言い出すの?いきなり』
彼女はイエス・ノー以外の解答に驚いたようだ。

『愛おしかったんだ、君のすべてが。』
僕は彼女にちゃんと届くように一語一句切るように言った。
『ひょんなことで、君と知り合い、親しくなり、そして付き合えた。夢のようだった。何回も、本当に何回もほっぺをつねった。幸せの絶頂だった。でも同時に僕は怯えた。この幸せがいつか終わるのでないか?ということに怯えた。実際、付き合い始めのころ、君と別れた後、僕はいつもとてつもない喪失感に襲われていたんだ。』

僕はすっかりぬるくなったお茶をすすった。彼女は黙ったままだった。

『君といると本当に幸せだった。会うたびに君を好きになっていった。一人の普通の女性として大好きだった。そうやってどんどん好きになればなるほど、でも、君はやっぱり向こうの世界の人で、いつか夢から覚めて君はまた向こうの世界に戻ってしまうのではないかと不安だった。』

『ばっかじゃない』彼女がポツリと言った。

『ホント、馬鹿だよなぁ。でもそうだったんだ。で一度聞いたことあったよね、何で俺なの?って。こんな普通で、背が高いわけでも、金持ちでも、頭言い訳でもない。スポーツが出来るわけでもなく、ハンサムでもないのに、何で俺なの?って』

『ああ、アナタがプレゼンで大失敗して凹んでいた夜!』
彼女は思い出したようで、小さく笑った。

『プレゼンで大失敗は余計だ。・・・まぁそれまで聞かないって決めていたことを聞いたんだから確かに凹んでいたんだろうな。でそのとき君が言ってくれたこと、覚えてる?』

『・・・さぁ、忘れちゃった、そんな昔のこと』

うそつけ!僕は心の中で毒を吐いた。200ページもの台本を丸暗記できる奴が忘れるわけないだろう。

『僕は覚えている。あの時君は言ってくれた。「そんなあなただからよ。」って。「背も普通だし、スポーツもずば抜けてない。ハンサム・・・確かに周りにはハンサムな人はいっぱいいるわよ。でもね、私が、私で入れるのはあなたのそばなの。自然なままいられるの。普通で普通にいるってことの大事さを教えてくれた普通のあなただから、私はあなたのそばにいたいの」って』

『すごい、完璧。役者になったら?』
彼女はすっかり冷かし口調で言った。
ほら、やっぱり覚えてるじゃねえか。

『あの時、僕は思った。ただ、君を守りたいと思った。君のすべてが愛おしくて、そのすべてを守りたい。守る力がほしいと思ったんだ。』

『じゃあ、じゃあどうして、あの時、止めてくれなかったの?』

『僕が間違っていた。守るっていうのは強さがなきゃ駄目だと思っていたんだ。あの時は僕は強くなかった。もちろんそう言った意味では今も強くない。ただ・・・』

『ただ、何?』

『・・・今でも君が愛おしい』

『えっ?』
『えっ?』

お互いえっと言ってれば世話がない。
っていうか彼女はマグカップを抱えたまま、かなり驚いている。
というか俺もここまで言うつもりはなかったが。
しかし、えええいこうなったら行くのみ。というか最後までいうべきだろう。

『・・・君が好きだって言い切れる。言い切れるってこともひとつの強さなんだと気づいたんだ。で、つまりマイナスではなかったよ。愛おしい人をマイナスだとは思わないさ』

僕は、ほとんど残ってないお茶をすするマネをした。恥ずかしかったのだ。
ただ、心はすっきりとしていた。今のは間違いなく本心だ。
僕は、彼女のことが今でも好きだった。
[PR]
# by kakkyblue | 2007-07-23 02:11 | 妄想
そんな訳で、一ヶ月の放置プレイをしてしまったkakkyです。
すいません。

日付は変わってしまいましたが、7月1日、2007年の折り返し、後半戦のスタートです。
仕事で言うと、6月決算なので、新年度の始まり。元旦でございます。

更新しないでこの一ヶ月何をしていたかというと、決算のための数字に追われていたのでございます。ええ、かなり厳しかったですが、なんとか乗り切りました。
・・・いえ、うそつきました。乗り切ってないです。数字足りない分は、来年やります!と言い切ってしのぎました(笑)

で、なにかと問題の多い会社で、新年度より組織・体制が変わることになり、私が尊敬してやまない元Aぶちょが、なんと!新社長ということに相成りました(^^;
1年ぶりの師弟関係復活。。。
あーあ、こき使われるんだろうな、きっと。

で、もうひとつの会社の方では、「業務執行役員」に任命されました・・・・。

史上ぶっちぎり最年少!らしいです。
みなさんから、おめでとう!と言われますが、本人的には、全然めでたくないです。基本的には肩書きで仕事はしないし、でなきゃいけない会議と責任の範囲が増えるだけで、給料は今までのウチの会社の流れを見るとちょびっとしか増えないだろうから。
ギャグのネタとしてはかなり面白いけど、元をとることはできないだろうなぁ。

・・・って業務執行役員って何すんだろ?(爆)
だって、取締役会の前日に「明日の取締役会で、kakkyの業務執行役員の決議するから、よろしく♪」って言われてだけなんだもん。
[PR]
# by kakkyblue | 2007-07-02 00:39 | 日記
いえい、今日も夜更かし、kakkyです。

前門の虎後門の狼
《趙弼「評史」から》一つの災いを逃れても別の災いにあうたとえ。

おもってた意味とはちょっと違うけど、今のワタクシはこんな感じ・・・(-_-;
というか、今年もやってきました年度末。
そして毎回のごとく起こるお家騒動
そして!毎回のごとく巻き込まれる俺・・・(涙)

もう、カンベンしてください。
いや、俺じゃなきゃダメだっていうのなら、俺も漢なんでもうちょっと粋に感じてやりますよ。
ただ、どう見ても消去法で残った俺なんじゃないっすか?

という訳で、眠れない夜がもう暫く続きそう。


そんな中今週は、仙台・大阪と出張。
まさか、自分の人生の中で、仙台⇒大阪間を飛行機で移動するなんてことが起こるとは思っていなかった。まぁ、うまく気分転換できるといいですな。

待ってろよ、ズンダ餅に牛タン!
[PR]
# by kakkyblue | 2007-05-27 03:52 | 日記
髪を切ってさっぱり、kakkyです。

先週、婚姻届を区役所に取りに行きました。
印鑑証明の紙みたいに出てないんですね、びっくり。
しょうがないので、住民票の係りのお姉さんに勇気をだして
婚姻届はどこにありますか?」
って聞きました(笑)

失敗した時のために予備としてもう1枚。
記入事例の紙とともに貰いました。
会社に戻って早速記入。
びっくりしたのは、「同居して何年」と書く項目があることと、本当の婚姻届は茶色だったということ。

15分ほど掛けて記入完了。
結構あっけないもんですね。

渡す相手はSさん。
夜21時過ぎにSさんが用があって僕の机に来た。
チャンスは今しかない。
「あ、Sさん、これ」
緑色の区役所の封筒に入れた婚姻届をさりげなく渡す。
「なんですか?」
不思議な顔をして中身を見るSさん。
広げてみて「あっ・・・」と絶句。

「昨日約束したから・・・」
ちょっとテレながら僕は言った。

「・・・ホントに取ってきたんですか?」
「ああ、僕はウソつかないから。」
「私、初めて見ました、本物の婚姻届」
「僕も」
「すごい~!」
「という訳で、後は君が書くだけだから」
「え?いや、あの、何を?」
「何をって、君が書いて印鑑を押して、誰かその辺の人間2人に保証人なってもらって、区役所に出しに行くだけだから」
「いや、あの・・・」
「だって昨日、会社辞めたい、誰でもいいから結婚したい!って言ってたよね?俺でもいいの?って言ったら、え、kakkyさん、結婚してくれるんですか?言ったよね?で俺はもちろんって言ったよね。善は急げだから」
「え~本当に。でもこれスゴーイ、みんなに見せてきます!」
「え?いやそれは・・・」

止める間もなくいなくなるSさん。
その5分後にはフロアー中に、Sさんにいきなり婚姻届を渡した男として名を馳せることに。

「へぇ~kakkyさんってこういうアプローチをするんだ。」
「っていうか、おかしいんじゃない」
「っていうか、パワハラ?」
etc・・・

フロアーを一周して戻ってきたSさん。
「これ、記念に貰っていいですか?」
「記念って?」
「私、Nさんの下でもう少し頑張ることにしたんです。だから結婚はしなくてよくなりました」
・・・(-_-)
ま、とりあえず一件落着だから良しとするか。


・・・俺が寿退社したい、今日この頃。
そんな夜のBGMはコブクロの「永遠にともに」
[PR]
# by kakkyblue | 2007-05-20 02:31 | 日記
おっともう休み終わってしまった、kakkyです。
先週4連休だったから油断してた。

仕事は相変わらず谷がなく、どこまで登ればてっぺんなのか誰も答えくれない。GW明けもタクシー帰りが続き、唯一金曜日、23時過ぎにココロが折れ、どうせ明日も来なきゃだからたまには電車で帰ろうと会社を後にした。

地下鉄の窓に映る自分はどこをどう見ても仕事に疲れはてたクマがぼっこしの顔で、そんな時、彼女に昔言われたことをふと思い出す。

「なんでそんなにしてまで働くの?」

・・・ホントになんでなんだろう?

錦糸町で乗り換えた総武線の各駅を待つホームには、週末に向けた開放感を漂わせ、ついでに酒臭い息を漂わせた人達で結構埋まっていた。
僕は知らず知らずのうちにいつも車両、いつものドアの前に立っていた。やれやれ。別に偶然を期待をしてる訳じゃない。この場所が、混んでいてもなんとか乗れる場所だし、平井でも降りるのが楽だし。といった極めて現実的な理由であって、決して彼女と偶然バッタリ「やぁ久し振り、元気?」なんていう練習はしていない。
だいたいあれから1年、ずっとこの場所から乗っているが彼女にあったことはない。もちろん生活時間帯の違いか、彼女が乗る場所を変えたのかだ。どっちが理由にしても、もう終わったことだ。

にも関わらず僕がこの乗車位置を変えないのは、先に挙げた理由以外にないと信じたい。いやそうに決まっているのだ。

週末お決まりの車内混雑で、定刻より3分程遅れてホームに入ってきた津田沼行きは、外から見るだけでげんなりする乗車率だった。

降りる人がこんだけいるのに、なぜ乗る人がこんなにいるのか?つくづく関心しながら乗降を眺めていたが、そんな悠長なことを言ってる乗りそびれる、乗車客の最後列に加わり僕はエイヤと乗り込んだ。
ドア閉まり、そのドアに向かって体を預けると少し空間に余裕が出来、僕はふぅーと一息つき、ウォークマンの音量を少し上げようとした時、ふと視線を感じて目を上げた。

ドアと座席のわずかな隙間の、いわゆる通勤時間帯のベストポジションにいる女性が小さく手を振っている。なんだ?と思って顔をマジマジと見た瞬間、満員の電車の中で思わず「あっ」と叫んでいた。

彼女だった。



・・・なんて訳はなく、馬だった(爆)
いや~びっくりしたね。
今まで駅で会うことは4回位あったが、同じ電車、しかも同じドアで会うとは・・・。お互い顔見合わせため息をつく。しかもお互い仕事帰り。
馬なんてボソッと「せめて駅にしようよ。こんな偶然いらない」とか言ってるし。それはこっちも同じだ!!!あー今年も相変わらず偶然の無駄遣いをしてるなぁー。

とは言いつつ、飯食ってなかったので、平井で華の舞へ。ビールに焼酎ロックをサクサクサク・・・。その後、自棄なのか勢いなのか、カラオケに行き解散は3時半過ぎ・・・。何をやっている30代中盤毒男2人。
ま、頑張ろうぜ!
[PR]
# by kakkyblue | 2007-05-14 00:43 | 日記
GW最終日、寒かったですね。kakkyです。

あっけなかった。
あまりにもあっけなくて涙も出なかった。
社会人になって2年目の冬から付き合い始めたから、数えて10年と5ヶ月。
それだけ続いた関係も、まるで電車のドアが閉まるように、雨降りのGW最終日にあっさりと幕を閉じた。

自分で言うのもなんだけど、結構長く付き合った方だと思う。
付き合い始めた当初は干支が一周するくらいの付き合いになるとは思っていなかった。まぁ、たいがい長続きしているカップルに話を聞いてみるとそんな感じだから、それはきっと長続きのコツとか法則のたぐいみたいなものなんだろう。

もちろん、いろいろあった。
互いに譲れなくて、ケンカになった時もある。僕が他に浮気しそうになったことも何度かあった。だが、結局元サヤに収まってきた。今更な言い方かも知れないが、そこにはやっぱり愛があったからだと僕は今思っている。初めてちゃんと付き合ったから、ちゃんとしたいという気持ちがずっとあり、大切にしたいという気持ちがあった。


終幕にいたるきっかけはほんの些細なことだった。
正直、あれがきっかけになるとは僕だって予想だにしなかった。今回もまたいつもように少しケンカをして、ちょっとすれば元サヤに戻ると最初は思っていた。
ただ、ほんの些細なはずが、10年のという年月の積み重ねを感じた時、どうしようもない位のズレを実感してしまったのだ。同じ車線を歩いていたはずなのに、いつの間にか立体交差で同じ場所を走ってはいるけど、同じ車線にはいない。そんな感じを受けてしまったのだ。

そう思うともう元には戻れなかった。
残像だけで、生きていくことも不可能じゃないだろう。
ただそれでは、お互いに決定的に不幸ではないが、決定的に幸せにはなれないと思う。
GW中悩み抜いた末、僕は今日決断を下した。

10年間、本当にありがとう。
そして、サヨナラ。



という訳で、今日、10年間、東京デジタルフォン時代から使用していた、ソフトバンクに別れを告げauデビューしちゃいました!

きっかけは、先月箱根に研修に行った時、旅館でソフトバンクだけ圏外でAぶちょに大笑いされたことがきっかけです。
[PR]
# by kakkyblue | 2007-05-07 01:07 | 日記